治る認知症もある

ひとくちで認知症といっても、その原因にはいろいろなものがあります。
頭蓋内の病気では、脳卒中後に発症するもの、神経細胞の数が減少していく病気によるもの、頭部外傷後に血がたまる硬膜下血腫、そして頭の中に脳脊髄液という水が大量にたまって起きる水頭症などがあります。
また、身体の病気ではホルモン異常、重症の肝臓病や腎臓病、ビタミン欠乏症、感染症などによるものがあり、さらには、薬によって認知症の症状が現れることもあります。

これらの中で、ホルモンの異常、肝臓や腎臓の病気、ビタミン欠乏症、感染症などの身体疾患によるものや硬膜下血腫、水頭症などによるものはもとの疾患を適切に治療することで、認知症の症状が軽くなる可能性が大きく、治る認知症といえます。
ですから、認知症もしくは認知症を疑った場合でも、これは治らないと一概に決めつけないで、一部には治る認知症もあるということを認識してください。

大切なのは、治る認知症をなるべく早く見つけだし、正しい治療を行うことです。
精神神経科をはじめとした専門の病院、神経内科、脳外科などで、早期診断・早期治療が可能です。

治らない認知症でも症状を軽くできる

治らない認知症の症状には、記憶障害や認知障害(コミュニケーション障害)を中心とした中核症状と、さまざまな精神症状からくる随伴症状があります。
中核症状とは、たった今したことを忘れてしまったり、自分が今どこにいるかわからず、道に迷うといった認知症の中心的な症状で、随伴症状とは、このような認知症の中核症状を持ったお年寄りが周りの方々とのおつき合いや人間関係の中で苦しんだり、悩んだり、時には怒ったりする、感情的なもつれが背景となって起こる問題行動を指します。

両者のうち、中核症状に対しては症状の進行を抑制する薬剤と、リハビリテーションなどによって、残っている知的機能をなるべく保つことが治療の中心となります。

一方、随伴症状は治療薬によってある程度症状を軽くすることができます。
たとえば、不眠、睡眠障害の場合、最近は様々な睡眠導入剤がたくさん開発されているのでこれらを少量使うことによって十分解決します。
また、自分で大切にしまった財布の場所を忘れて、「財布を盗まれた」という、もの盗られ妄想や、夜眠れずに興奮して、つじつまが合わないことを話したり、外へ飛び出そうとする夜間せん妄には抗精神秒薬を、少し落ち込んだり、悲しんだりするうつ状態には、少量の抗うつ薬を投与することによって、かなり症状が軽快します。

ご家族や介護をされている方を悩ませるのは主に随伴症状であると思いますが、このように、治らない認知症と診断された場合でも、適切な治療をすることで、これらの症状は軽くすることができるのです。
遠慮なく病院を訪ねて、悩みを相談してみてください。

家族の対応によって症状は良くも悪くもなる

認知症の治療は薬物療法だけで成り立っているわけではありません。
認知症の患者さんの治療には、薬物療法とともに、リハビリテーションセンター、デイケア、デイサービスといった公共のサービスを利用して、残っている身体的・精神的な機能をなるべく長く維持するといったことも必要です。
また、こういった治療法とともに、ご家族や介護者がどのように認知症の患者さんと接するかということも非常に重要になってきます。

認知症の記憶障害は非常に強いので、何度説明してもすぐ忘れてしまい、同じ質問や行動を繰り返します。
そんな時、ご家族や介護者は、イライラする自分の感情を言葉に出してしまい、厳しい口調で、子どもに対するように叱ってしまうことが多いようです。

しかし、そのたびに認知症のお年寄りは、初めていわれたことなのに、なぜ相手が怒っているのかわからず、不快に感じて、“自分にいいがかりをつけてくる嫌な人だ”と思ってしまいます。

まずは相談を

このように、認知症は早いうちに見つけ、適切な治療を行うことが大切です。次にあげる事柄にあてはまる場合は、遠慮なくご相談ください。

  • 物忘れや、日時が分からなくなることが増えた
  • 些細なことで怒りやすくなった
  • 物事への興味を失い、ただぼんやりすることが増えた
  • 幻覚(幻視・幻聴)や妄想が増えた
  • 睡眠異常が増えた
  • 体を動かしにくい、手が震える、歩きにくいといった症状がある

Page top