糖尿病とは?

糖尿病は今や国民病ともいわれ、日本全国で約700万人の患者さんがいるといわれています。
では、糖尿病とはどんな病気でしょうか。
読んで字のごとく、「糖が尿に出る病気」と言ってもよいでしょう。
もっと正確にいえば、尿ではなく、血液中のブドウ糖(血糖といいます)が多くなる病気です。

血液中のブドウ糖が一定の割合を越えると、それが尿にまで漏れ出して、「糖尿」の状態になります。
しかし、尿に糖が出ていないからといって、糖尿病ではない、というわけではありません。
血液中のブドウ糖やヘモグロビンA1Cを測ったとき、正常の人より高い、それが糖尿病なのです。
よくみられるのは、下記のような症状です。

  • 疲れやすい
  • 尿の量や回数が多い
  • のどが渇き、水分を多くとる
  • 体重が急に減る
  • 視力障害(失明することあり)
  • 手足の痺れ・ちくちくした痛み・感覚異常
  • 化膿しやすくなる(壊疽を起すこともある)
  • 皮膚のかゆみ
  • 腎臓の機能の悪化(末期には腎不全となり、透析が必要なことも)
  • 狭心症、脳卒中(心臓や脳にいく血管がつまりやすくなるため)

血糖が高くなったために現れた、1~4番目の症状は血糖をコントロールすれば良くなりますが、合併症は一度悪化させると、なかなか良くならないばかりか、取り返しのつかなくなることもあるので、早期発見、早期治療が重要です。

Page top