ニコチン依存症

ニコチン依存症

いつでもやめられると思って吸い始めたのに、いつの間にかタバコと離れられなくなってしまうのはなぜでしょう。
禁煙に挑戦しても、つい吸ってしまうのはなぜでしょう。
これは、タバコの煙に含まれるニコチンが、麻薬にも劣らない強い依存性をもつからです。
そのため、現在では、喫煙する習慣の本質は「ニコチン依存症」という、治療が必要な病気であるとされています。
では、タバコを吸うという行為が、どのようにして「ニコチン依存症」に至るのでしょうか。

タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。
ドパミンが放出されると、喫煙者は快感を味わいます。
同時に、またもう一度タバコを吸いたいという欲求が生じます。
その結果、次の1本を吸って再び快感を得ても、さらに次の1本が欲しくなるという悪循環に陥ります。
この状態がニコチン依存症(=喫煙の習慣)です。

風邪を意思の力で治せないのと同じように、病気であるニコチン依存症を意思の力だけで治すことは難しいのです。
最近では、喫煙治療が健康保険等で受けられるようになるなど、ニコチン依存症を治すための環境が整いつつあります。
禁煙しようと思ったら、気軽に医師に相談してみてはいかがでしょうか。

ニコチン依存症

下の表は、ニコチン依存症かどうかを判定するテストです。
10項目の質問に「はい(1点)」または「いいえ(0点)」で答え、どちらでもない場合は0点とします。
合計点が5点以上ならばニコチン依存症とされます。
さっそくチェックしてみましょう!

ニコチン依存症を判定するテスト
TDS(Tobacco Dependence Screener)

設問内容 はい 1点 いいえ 0点
1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4. 禁煙したり本数をへらしたときに、次のどれがありましたか。
(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5. 4.でうかがった症状を消す為に、またタバコを吸い始めることがありましたか。
6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
8. タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
合計 点

こんな病気もタバコと関係しています

タバコが身体に悪いことを知らずに吸っている人はほとんどいないでしょう。
しかし、身体に悪いといっても、具体的にどんな病気と関係しているのかは以外に知られていないようです。
多くの人は、肺がんのほかに病名を挙げられないのではないでしょうか。あなたはいかがですか?
実際には、タバコを吸っていると、動脈硬化が原因で起こる心臓の病気(虚血性心疾患)や脳卒中など、全身の様々な病気にかかりやすくなります。

がんについても、肺だけではなく、咽頭がんや膀胱がん、子宮頸がんなど、喫煙は多くの部位におけるがんのリスクとなります。
また、あまり知られていませんが、糖尿病やメタボリックシンドローム、胃潰瘍、不妊などのリスクが高くなるほか、手術後の経過に悪影響を及ぼすことも知られています。

こんなにある、禁煙のメリット

「長年吸ってきて肺は真っ黒だろうだから、今さら禁煙しても無駄だ」などと考えていませんか?そんなことはありません。
禁煙は始めたら短期間のうちに効果を実感できる、楽しい作業ともいえます。
例えば、肺の機能は禁煙を始めて2週間~3ヶ月で回復がみられます。
咳や息切れも、1~9ヶ月で改善されます。
また、継続すると様々な疾患のリスクが吸わない人に近づいてきます。
禁煙に遅すぎることはありません。

禁煙すれば、健康面以外でも美容や金銭面、その他生活に関わる多くのメリットが得られることでしょう。

あなたに合う禁煙方法を探しませんか?

あなたが、そろそろ禁煙しようかなと考え始めているなら、今がチャンスです。
気軽に禁煙のスタートを切ってみませんか。
下のフローチャートを使って、ご自分に合った禁煙方法を探すことから始めていかがでしょう。

あなたに合う禁煙方法を探しませんか?

健康保険等で受けられる禁煙治療

2006年より禁煙治療に健康保険等が適用され、患者さんの負担も軽くなりました。
禁煙治療を健康保険等で受けるには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認します。
要件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることができます。
病院に行く前に、自分でチェックしてみましょう。

1.ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上

2.(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
→例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら15(本)×20(年)=300であり、対象となります。

3.1ヶ月以内に禁煙したいと思っている

4.医師から受けた禁煙治療の説明に同意
→説明内容に納得されたときは、文章で同意します(サイン等)。

各診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。
一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めれば、この値は低下するので、次回の測定が楽しみになることでしょう。
また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやすくなります。

チャンピックスを服用される方へ

チャンピックスを服用される方へ

服用のしかた

1.禁煙開始予定日の1週間前からチャンピックスを服用し始めます。
チャンピックスは、飲み始めの1週間に服用量を徐々に増やします。

2.服用8日目から禁煙してください。
自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入って下さい

3.チャンピックスを計12週間服用します。

※ご留意ください。

  • 禁煙できたと考えて途中で服用をやめず、医師の指示どおりに服用を続けてください。
  • 必ず食後にコップ1杯程度の水またはぬるま湯で服用してください。

チャンピックスで行う禁煙治療のスケジュール

チャンピックスを服用する方は、12週間にわたる禁煙治療を受け、計5回通院します。
診察では、チャンピックスの処方だけでなく、息に含まれる一酸化炭素濃度(注)の測定や、医師からのアドバイスを受けることができます。
(注)一酸化炭素はタバコの煙に含まれる有害物質の1つです。

服用するにあたっての注意

次の場合、服用前に主治医へお申し出ください。

  • 腎臓の病気がある
  • 妊娠中または授乳中である
  • 他に服用中の薬がある
  • 未成年者である
  • 以前に薬を飲んで、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある

主な副作用

チャンピックスを服用中に次のような副作用があらわれることがあります。
吐き気等をおこしにくくするために、必ず食後に服用してください。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 上腹部痛
  • 便秘
  • お腹のはり
  • 普段と違う夢をみる
  • 不眠

気になる症状があらわれた場合は、服用を中止し、主治医にご相談ください。

以下の症状があらわれた場合は、服用を中止し、主治医にご相談ください。

禁煙は治療の有無にかかわらず様々な症状(気分が落ち込む、あせりを感じる、不安を感じる等)を伴うことが報告されています。
またもともとこのような症状がある場合は、その症状が強く出ることがあります。
本剤を服用中にこのような症状があらわれたら、服用を中止し主治医にご相談下さい。

以下の事項にご注意ください。

ニコチンを含んだ禁煙補助約薬(ニコチン製剤)との併用はしないでください。
めまい、眠気などの症状が現れることがあるため、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する時は注意してください。

禁煙外来の診察、薬代

健康保険を使った禁煙治療では12週間にわたり計5回の診察を受けていただきます。
初回診察の2週間後、4週間後、8週間後、12週間後に再診があります。

3割負担の方
診察代 薬代
初回 1,710円 1,980円
2回目 1,130円 2,560円
3回目 1,130円 4,670円
4回目 1,130円 4,670円
5回目 1,110円 薬なし
1割負担の方
診察代 薬代
初回 570円 660円
2回目 380円 850円
3回目 380円 1,560円
4回目 380円 1,560円
5回目 370円 薬なし

※詳細は受付、または薬局までお問合せ下さい。

対象疾患-禁煙外来

喫煙者であれば誰でも治療の対象になりますか?

定の要件をすべて満たした患者のみ算定できます。

※一定の要件

1.ニコチン依存症管理料は、入院中の患者以外の患者に対し、「禁煙治療のための標準手順書」(日本循環器学会、日本肺癌学会及び日本癌学会の承認を得たものに限る。)に沿って、初回の当該管理料を算定した日から起算して12週間にわたり計5回の禁煙治療を行った場合に算定する。

2.ニコチン依存症管理料の算定対象となる患者は、次の全てに該当するものであって、医師がニコチン依存症の管理が必要であると認めたものであること。

ア 「禁煙治療のための標準手順書」に記載しているニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断されたものであること。

イ 1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じて得た数が200以上であるものであること。

ウ 直に禁煙することを希望している患者であって、「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意しているものであること。

(保医発第0306001号より抜粋)

未成年者は治療対象になりますか?
特に年齢による制限はありませんが、通常、未成年では喫煙指数が200以上となることは少なく、対象となる例はほとんどないものと思われます。
1日の喫煙本数とは現在の喫煙本数のことでよいのですか?
その通りです。

禁煙治療薬-禁煙外来

ニコチンパッチも保険適用が可能ですか?
2006年6月1日からニコチネルTTSが保険適用されました。
ニコチンガムの処方し際し、処方箋料は保険請求できますか?
ニコチンガムはすでに一般医薬品に変更されていますので、処方の対象ではありません。したがって、保険での請求はできません。
ニコチンガムを使用する場合はどうするのですか?
薬局、薬店などで実費購入となります。

その他-禁煙外来

12週間を超える治療は保険請求できますか?
できません。

Page top