リハビリテーションについて

当クリニックでは脳卒中後遺症や変形性膝関節症、腰痛症といった整形外科領域の患者さんに対して専属の非常勤理学療法士、作業療法士の指導のもと、理学療法・作業療法を行っております。
また、ウォータベッドをはじめとするマッサージや温熱、電気療法をはじめとする物療も幅広く実施しております。
寝たきりのご老人の方などを対象とした訪問リハビリも行っております。

リハビリ設備についてはこちら

訪問リハビリのご案内

訪問リハビリテーションとは、居宅で療養を行っており通院することが困難な方に対して、リハビリテーションの専門家(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)がご自宅を訪問し、療養上必要な指導を行うことです。
リハビリの観点から、実際の生活の場で行うことができる訓練法や介護の仕方、環境整備などを患者様の症状・家屋構造・介護力などを考慮しながら指導させていただきます。

寝たきり予防と身体機能の維持・回復訓練

寝たきり予防と身体機能の維持・回復訓練

痛みがあったり、動きづらくなった方に対して筋肉をほぐしたり、関節の運動を行います。
起き上がりや立ち上がり、歩行など実際の場面でより安定した動作が行えるように、援助するとともにそのポイントをわかりやすくご指導させていただきます。
息苦しさのある方に対しては呼吸リハビリも行っております。

生活に関連した動作の練習

生活に関連した動作の練習

食事、排泄、更衣、入浴、家事などの日常生活動作がし易いような方法を提案、指導させていただきます。
また、介護が必要な方には介助方法や生活の工夫など、不安や無理の少ない生活を送れるように援助いたします。

趣味や生きがいに関する生活の援助および指導

趣味や生きがいに関する生活の援助および指導

利用者様が楽しみや生きがいを持って生活が送れるように、手工芸やレクリエーション、園芸などを行います。
利用者様自身で出来るようことやご家族・地域との関わりを増やし、住み慣れた場所で豊かな生活が送れるよう援助します。
また、ご家族様が介護による身体的、精神的な負担を抱えている場合には、負担の軽減が出来るよう援助いたします。

福祉用具の選定や住宅改修の提案

福祉用具の選定や住宅改修の提案

手すりの位置や段差への対応といった住宅改修について、個人にあった提案をさせていただきます。
また車椅子や杖などの福祉用具の選択の助言も行います。
コミュニケーションがとりにくい方に対して、コミュニケーション機器の適合やパソコンの活用など、より充実した生活が送れるよう支援いたします。

訪問リハビリのご利用方法

  • 1.ご依頼

    担当のケアマネージャーに、訪問リハビリを受けたい旨をご相談ください。

    ご依頼
  • 2.主治医に相談

    主治医にリハビリが可能かどうかご相談いただき、可能な場合は「指示書」の作成を依頼してください。

    主治医に相談
  • 3.ケアプラン作成

    担当のケアマネージャーがサービス計画を作成します。

    ケアプラン作成
  • 4.訪問リハビリ開始

    サービス計画と主治医の指示書に沿って、リハビリを行います。

    訪問リハビリ開始

Page top